バース見学させていただきました!

東京支店の事務の長谷と栗田です。

先日、業務上でいつもお世話になっているバース見学という貴重な機会を頂きました。

普段はシステム上の処理や言葉での認識のみでしたが、実際足を運び現場を拝見させてもらうことで使用している施設や機械の構造、現場で働いている方々の様子を肌で感じることができました。
今回訪問させて頂いた順番で、印象的だった点を紹介していきたいと思います。

船積作業では、船舶と高く積まれた土の山の間を大きなクレーンを100回以上往復している様子はとても迫力があり、まるで映画のワンシーンを見ているようでした。
作業員さんの巨大なクレーンを手慣れて操作する様子や、ザ・現場を感じることができ、少し緊張感のある雰囲気が良かったです。

トラックの荷下ろし作業も拝見することができました。
高さもある大きな荷台が徐々に上がり、ダンプアップする様子は迫力大でした。
また、高く積まれた土の山も間近で見ることができ、現場から出る土の独特の臭いや土に含まれているゴミ?など触ることができ新鮮でした。

他にもダンプで運んできた土を施設内のピットと呼ばれる仮置場で数か所に土の山にしてまとめられていました。
船積みする際にはピットに設置されている広範囲で移動ができるクレーンがあったり
コンクリートガラの山でガラを砕いているユンボや、運ぶ土の種類に特化した様々な種類のバケットが置かれていたりと
とても興味深く、臨場感溢れる現場でした。

 

実際に目にすることで、今までぼんやりとしていたイメージが、一連の流れとして理解できました。
今後も、今回の経験を糧にして仕事の向き合い方を変えていけたらと思います。

今回、このような貴重な機会を作って下さったバースの方々には、とても感謝しております。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

©2023 Copyright© ToritsuTechnocracy Co.,Ltd.

ユーザー情報を使用してログイン

情報を忘れましたか?