汚染汚泥処理(造粒固化)

有害物質を含む「汚染汚泥」を処理する、独自の体制。

飛島工場

工場の生産活動や解体後の工場跡地から排出された汚染汚泥は、通常は産業廃棄物として、そのまま最終処分場に埋め立てられます。当社ではこれを「汚染汚泥」として、収集運搬から中間処理、リサイクル、最終処分まで、関連会社との協力体制による安全かつ安心な一貫プロセスによって処理。汚染物質の拡散を、最大限に防止します。

汚染汚泥とは

土壌環境基準値を超過した、産業廃棄物基準値内の汚泥

産業廃棄物処理法では、建設現場から排出される汚泥(建設汚泥)には土壌汚染対策法の指定基準は適用されず、通常は産業廃棄物として扱われます。当社では、建設汚泥の中でも、汚染土壌と同等レベルの有害物質を含む環境リスクの高いもの(土壌環境基準値を超過した、産業廃棄物基準値内の汚泥)を「汚染汚泥」と定義。一般的な建設汚泥と区別して扱い、適切な処理を行っています。

汚泥処理方法

受入ヤード

各地の発生場所から運ばれてきた汚泥を、ヤードにて受入します。

処理(造粒固化)

汚泥に固化剤を添加し、攪拌を行って、性状を安定化させます。

セメント原料化

処理後の汚泥は、セメント原料に再利用されます。

©2021 Copyright© ToritsuTechnocracy Co.,Ltd.

ユーザー情報を使用してログイン

情報を忘れましたか?