瀬戸工場 2021年9月 安全ミーティング

だんだんと気温は落ち着き、日中も涼しく過ごしやすい季節になってきました。
この時期は台風のシーズンでもあります 自然にも気を配らないといけないので一難去ってまた一難ですね。

9月の瀬戸工場安全教育は 焼成プラントでの作業における注意点について確認しました。
焼成プラント(汚染土壌の加熱浄化施設)にはどのような危険があるでしょうか?

焼成プラントには土壌搬送用のベルトコンベア、ロータリードライヤ、ロータリーキルン等の回転物、高温物が存在します。
今回はそれらの取り扱い注意点についての教育を行います。

「高温注意」
ロータリードライヤ、ロータリーキルンの内部はバーナーの炎により加熱されており、周囲に近づくだけでも熱が伝わってきます。
もちろん素手で触るとやけどしてしまうのでむやみに触らないこと。触る際は保護具を必ず着用すること。

「回転物の注意」
設備のグリスアップ時や清掃時に回転物へ近づく際は巻き込まれに十分注意すること。
特にベルトコンベアの清掃時は巻き込まれ事故防止のため、ベルトコンベアを必ず停止状態にしてから清掃すること。また一人で作業しないこと。

回転物による挟まれ、巻き込まれ事故は一歩間違えると重大な事故に繋がりますのでその危険性を十分理解して作業に取り組むこと。
また不安全な作業をしていないかお互いに注意しあえる環境づくりも大切だと感じます。

今後も引き続き安全教育を実施し各々の事故防止に対する意識を高めていきたいです。ご安全に!

©2021 Copyright© ToritsuTechnocracy Co.,Ltd.

ユーザー情報を使用してログイン

情報を忘れましたか?