東立Blog vol.245

あけましておめでとうございます、本社の稲向です。

昨年の9月に庭のレモンが久しぶりに実り、12月には黄色くなってきました。
しかし、収穫時期がわからないので、まだ放置しています。誰か知っている人がいれば教えてください。

最近、とてもショックな事がありました。

昨年の夏頃に右ひじが痛くなり、酷い筋肉痛だと思っていました。(痛くなった原因はナイショです)
それも当日から痛みが出て、私もまだまだ若いな、と思っていました。

いや思い込んでいました。

秋が来て、冬になっても痛みが続いていたので、私も歳をとったなぁと思い、
昨年末に自分のメンテナンスの為に接骨院に行きました。

先生に症状を説明すると筋肉に炎症を起こしているかもしれないから、エコー検査をしてみましょうと言われました。

検査が始まると、先生の顔が急に真面目になり、
「あれ?」・・・
「あれ?って何?」私は思いました。

少しの沈黙とともに、検査装置を操作する手を止め、映像をプリントした後に、衝撃の一言・・・

「折れてるね。」

「は???」何を言われたのか、一瞬、理解できませんでしたが、
ちゃんと小学校を卒業していた私は「痛い」、「骨」、「折れてる」の点を線につなげる事が出来ました。

先生が他の先生にもプリントした映像を見せに行くと、即答で「折れてるね。」の一言。

いやいや、骨が折れてればもっと痛いでしょ。と思いましたが映像を見ると、
確かに骨の白い部分が部分的に黒く影ができていました。

「ついでに肉離れにもなってるよ。」

「プロ野球選手が一軍登録を抹消されるヤツね。」私がこう思うと、

「痛くないの?」と、先生は聞いてきますが、力を入れると多少痛いと答えると、
「痛みに強い人もいるけど、ここまでの人は珍しいね。」と半笑いで言われてしまいました。

家に帰って家族に話すと、驚きと笑いで持ち切りでした。

ちなみに娘からの一言。
「ゴリラか。」
親をゴリラと言う娘に育ててしまった。・・・ しょうがないか。

©2020 Copyright© ToritsuTechnocracy Co.,Ltd.

ユーザー情報を使用してログイン

情報を忘れましたか?