東立Blog vol.349

こんにちは。建設事業部の杉山です。
私の長く続いている趣味の一つのパン教室へ行ってきました。
今回作ったパンは砂糖の代わりに甘酒を使った生地につぶあんを巻いたキューブ型の
あんぱんです。

強力粉、酵母、バター、塩、甘酒、水をボウルで混ぜてから、台の上に出し手でこねていきます。しっとりとした生地にするためにバターが多い配合なので、生地がべたつき、なかなかまとまりません。
しっかりとこね、生地がまとまり、表面がツルっとしてきたら

丸く生地を整え、指で生地を押して生地の戻り具合を見極めてこね上りです。
30分の一次発酵、ボウルの1/2の高さまで膨らんだら一次発酵完了!
ここからキューブ型へ成型していきます
断面がうずまき模様になるようにあんこを巻き型へ

型に入れたら二次発酵20分。
型の高さ近くまで膨らんだら桜の塩漬けをのせ、型に蓋をしてオーブンへ♪

オーブンで13分焼いて完成です。

きれいに焼けました~♪断面もきちんと渦巻きになりました♪
パンの焼きたての香りはたまりません。

焼きたてをその場で試食!
優しい甘さの生地にあんこのバランスがよく、桜の塩漬けがアクセントになってとても美味しいあんぱんでした。
翌日はトースターで軽く焼いて表面をパリッとさせても美味しかったです。
ごちそうさまでした。

©2022 Copyright© ToritsuTechnocracy Co.,Ltd.

ユーザー情報を使用してログイン

情報を忘れましたか?