東立Blog vol.97

41歳男性の稲向です。

 先日、中学生の娘と一緒に試験を受けました。

 それは「毛筆書写技能検定3級」です。

 娘は小学生の頃から書道教室に通っていて、先生から「受けてみてはどうですか?」との話があったので、チャレンジする事になりました。

その話を聞いた私が「お父さんも一緒に受けようかな。」と言ったところ娘も快諾(反抗期ではなくホッ)。私も小学生の頃に習っていたので受かる自信はたっぷりありました。

試験の内容を聞くと実技と理論・・・理論?

なんと書写検定に理論があったとは。恐る恐る参考書を開くと、この漢字の書き順はあっているのか?やこのヘンの名前は何ですか?等の問題が・・・。それも試しに解いてみると日本の国語の教育が変わったのかと思ってしまう程でした。

実技も試してみようとすると筆は固くなっていて使い物にならず、小学生の息子に借りる決心をしたところ、娘と一緒に試験を受ける変わった父親が気に入ったらしく、書道教室の先生が筆を貸してくれました。

しかし、そこでもプチ問題が。貸してくれた筆が普通の筆と小筆があるではないですか。その時初めて私は小筆を習っていない事に気づいたのです。時すでに申し込み後の事で、それから練習を少しして129日(日)に無事、試験を二人で受けてきました。

結果が出るまでの約1か月、楽しみにしています。

©2020 Copyright© ToritsuTechnocracy Co.,Ltd.

Log in with your credentials

Forgot your details?